急なスピーチの対処法 「書いて声に出す」ことのすすめ (長文)

講師の高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

きょうのテーマは「急なスピーチの対処法」。

会合や懇親会等で、マイクが自分のところに回ってきて

「急にひとこと話すことになった…」

というご経験はないでしょうか?

「何を話そうか…」と戸惑う中で、思い付くままに話し、
「話すには話したけれど、うまくいかなかった…」
というパターンも多いようですね。

急なスピーチは皆様が思う以上に難易度が高いのです。
今回は、その理由と対処法を説明します。

――――――――――――――――――

「急なスピーチ」が難しい理由。

それは「言語化」と「音声化」の準備が不十分になるからです。

詳しく説明しましょう。

私たちは言葉を発するとき、

「思考→言語化→音声化」 の流れを瞬時に行っています。

頭に思い浮かんだ「思考」を、話す言葉にして(言語化)
それを声に出して(声のトーンも考慮して)「音声化」しています。

「急なスピーチ」は、この「思考→言語化→音声化」の流れで、
特に「言語化」の要素を混乱させてしまうのです。

話す内容が混乱したまま、ただ話す、というのは、
どうしても浅薄な内容になってしまうわけです。

――――――――――――――――――

人前のスピーチは、メッセージ性が求められます。

多くの聴衆や大事な人がいる場面で、
聞き手の皆様の貴重な時間を割いて話すのですから、
「心に残るようなメッセージを発するべき」と、私は考えます。

――――――――――――――――――

そこで「急なスピーチ」の対処法です。

それは、たとえ時間がなくても、周囲に急かされても

「(話す項目を)書いて、つぶやく」

というアクションを加えることです。

これを実践するだけで、驚くほど大きな差がでます。

箇条書きのメモを書いて、小さな声でつぶやくだけでも
スピーチの際に大きな差が出るのです。

――――――――――――――――――

私の体験談をお伝えしましょう。

私はラジオ局のアナウンサーでしたが、
実はフリートークが大の苦手でした。

本番前に新聞などで情報を集めるは得意でしたが、
いざ本番のフリートークとなると、話がまとまらず、
緊張も重なり、不出来なフリートークで終わる、
ということが何度も何度もあったのです。

「原稿なしのぶっつけ本番」の感じは、
私には全くフィットしませんでした。

一方で私はニュース原稿を読むのは得意でした。

書かれた文字を丁寧に読み上げることは
私のアナウンスのスタイルに合っていたのです。

そこで私は、生放送の前、ある対策を取りました。それは

「たった1分のあいさつや、少しのフリートークでも、
 話す内容をメモ書きをして、手元に置く」

という作業でした。

これは明らかな効果がありました。

「書かれていないことを話す」という不安が
「メモを読めば良い」という安心感に変わったのです。

――――――――――――――――――――――――

ですが、この対応策は、放送現場では不評でした。

「アナウンサーたるもの、
 フリートークでメモを読んではいけない」

という不文律があったからです。

「プロならば、メモ無しで話せることは当然」

という場の空気もありました。

私は迷いました。

「メモを見ずに自由自在に話せれば、格好がつく…」
「原稿を見ないことで、トラブル対応の力もつく…」

そんな考えが交錯する中、私は熟慮の末、

「自分の力を最大化することが重要」
「不格好でもメモを書いて、事前に声を出すべき」

と判断しました。

「たった1分の挨拶でもなりふり構わずメモを書く」
「そのメモを一度声に出して、フリートーク調で読む」

というスタイルを選択したのです。
この方針を固めたのは40代に入ってからでした。

――――――――――――――――――――――――

私はこの手法を放送現場以外でも活用しました。

研修会や会合などで

「発言チャンスがありそうだな…」

という時には、話す項目を手元のメモの余白に
こっそり「書き出して」、一度「つぶやく」
という流れを重ねたのです。

その結果どうなったか?

会議などの発言の場で、相乗効果が生じたのです。

書いた発言内容を一度つぶやいてから発言するので、

「発言が的確ですね」

などの評価も多数いただくようになりました。

私には 「一度書いて、つぶやく(声に出す)」
とのスタイルが欠かせない、と再認識できたのです。

この「書いて、つぶやく」というアクションは、
「言語化」と「音声化」の過程の確認作業であり、

その過程の中で、話す内容の整理=「言葉の編集」と
声のトーンの確認=「音声表現」の確認にもなったのです。

この手法は、私のスピーチ時の心の支えとなりました。

――――――――――――――――――――――――

皆様へのご提案です。

たった30秒の挨拶やスピーチでも、不安を感じたら、
どうぞためらわずに「書く」という作業を行って下さい。

話す言葉を文字にすることで、
思考の整理や編集の効果があります。

そして書いた言葉を
「声に出す」というアクションを重ねましょう。

声を出しづらい場なら、小声のつぶやきでも大丈夫。
つぶやきも「音声表現」のリハーサルなのです。

「書くこと+声に出すこと」の反復練習は
人前の話の苦手意識を減らすはずです。

急なスピーチの際こそ安心材料を作るつもりで、
「書いて、声に出す」という流れを意識してくださいね。

この講座では、一生懸命な皆様を心から応援しています。
皆様のご参考になれば幸いです。

(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α