【スピーチコラム】自己紹介こそメモづくりとリハーサルを

講師の高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

今回のテーマは「自己紹介」

仕事でも私生活でも自己紹介の機会は多数。
ですが自己紹介を苦手とする方は意外と多いようです。

会合などで「順番に一言ずつ自己紹介を」と言われて、
その順番待ちの間に緊張感が高まり、

「何を話せば…」
「早く終わらせたい!」
「できることなら逃げたい!」

などと深刻なお悩みに発展する方も中にはいます。
ちなみにこの現象は「予期恐怖」と呼ばれるもの。

自己紹介は意外と難易度が高いスピーチワークです。
――――――――――――――――――

実を申しますと、アナウンサーの私も
かつては「自己紹介」を苦手としていました。

「アナウンサーたるもの、気の利いた事の一つでも言わなくては…」
「周囲がさすが、と思うような自己紹介にしなくては…」

などと自分で自分に重圧をかけていたことがその要因でした。

で、いざマイクを渡されて自己紹介の順番が回ってくると、

「名前と経歴しか言えなかった…」
「余裕が全くなかった…」
「理想とほど遠い自己紹介だった…」

などのパターンに陥り、心がへこんだ経験は数え切れません。

――――――――――――――――――

こんな体験談に共感された皆様にぜひおすすめしたいのが、
「自己紹介のメモづくりとリハーサル」です。

「自己紹介ごときでメモづくり?リハーサル?」
とお思いでしょうがこの作業はとても効果があるのです。
――――――――――――――――――

そもそもなぜ自己紹介が難しいのでしょうか?
実はその理由はいくつもあります。

<自己紹介が難しい理由>

・話せる時間が短い (数十秒~1分程度)
・伝えたい内容が多数
・相手は初対面のケースが多い
・一気に視線が集まる
・いきなり本番となる
・不慣れなマイクを渡される
・カメラや照明の重圧を感じる… などなど

多くの場合、「自己紹介」は

「重圧下の制限時間付きスピーチ」となるのです。

ですので自己紹介をあなどってはいけないのです。

――――――――――――――――――

そこで対処法です。答はシンプルです。

「話す内容を書く」(メモを書く)

「話す内容を声に出す」(リハーサル)

とすればよいのです

「自己紹介ごときでメモづくり? リハーサル?」
とお思いの皆さん。

そんな皆さんに思い出していただきたいことがあります。

それは「就職活動時の面接」です。

面接の前、自己PRや志望動機を「書いて」
想定問答の「リハーサル」で声を出した方も多かったはず。

「書いて、リハーサル」という流れがあったからこそ
本番の面接が楽になったのではないでしょうか。

自己紹介も「自己PR」の一種です。

ご自身の一番の「強み」や、
周囲に知ってほしい「PRポイント」などを
書いて、声に出して、そして本番の自己紹介、
という流れを事前に作っておくのです。

たかが自己紹介、されど自己紹介。

自己紹介をしっかりとまとめることで
周囲からの信頼度もあがり皆様の自信につながります。

「今日は自己紹介の機会がありそうだな」というときこそ、
前もって「書いて、リハーサル」の対応がオススメです。

皆様のヒントになれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α