【スピーチコラム】本番前の気合の一声 「サイキングアップ」の話

講師の高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

きょうのテーマは「サイキングアップ」

スピーチや発表の本番直前、皆様は
どのようにメンタル面の調整を行いますか?

緊張感の漂う雰囲気の中で、深呼吸をしたり、
イメージトレーニングを行ったり、
いろいろ手法はあるかと思います。

そんな本番直前対策として、私が実践してきた
手法を一つご紹介します。

それは、本番開始直前に

「しゅーちゅ―(集中)!!」

と、大きな声を出す手法です。

周囲の人が驚く、等の場合は、
このような言葉に切り替えてください。

「よろしくおねがいします!」
(=フロアの奥まで届くような声)

ご自身の声のレベルメーターを一度振り切るように
一度、大きな声を出すのです。

これは「サイキングアップ」の一種といえます。

――――――――――――――――――

サイキングアップについて説明しましょう。

私が行った声出しは、「気合入れ」「掛け声」に
あたるものですが、心理学や脳科学的には
「サイキングアップ」という概念で説明されています。

あがり・緊張対策で、深い呼吸や瞑想などが
リラックスをするためのリラクゼーションとすると
サイキングアップは集中力を高めるために、
メンタルのコンディションを持ち上げる行動と言えます。

――――――――――――――――――

この「サイキングアップ」は勝利が求められる
スポーツの現場で広まりつつあります。

スポーツの現場の「サイキングアップ」には
身体を楽しく動かすレクリエーションの要素や
子供遊びのようなメニューもあり、選手らの
パフォーマンスを上げる効果が実証されつつあります。

「サイキングアップ」は「心の準備体操」に近いもの。
固くなった心をほぐしたり、適度に持ち上げる作業として、
最近では少年のスポーツチームでも導入されているようです。
――――――――――――――――――

私は放送現場で、「サイキングアップ」という用語を
教わったわけではありません。

私が新人アナだった時に、ある先輩のアナウンサーが

「緊張したときは 『集中!!』って声を出すんだ!」

と教えてくれて、私も実践し始めたのです。

緊張体質の私は、後からいろいろ書籍を調べ、
この時の声出しと、サイキングアップの要素が
理論的にも結びついた、というわけです。

それからは、大事な本番前に

「さあ集中!!」「よろしくお願いします!!」
(→周囲に響く大きな声)

と声を出したのですが、一度大きな声を出すことで
邪気や迷いが払われるような感覚となり、
話す内容も冷静に再確認できるようになりました。


周囲の反応は冷ややかかもしれませんが、
この本番開始直前の「大きな声」は、
皆様もすぐに活用できる手法と思われます。

照れや遠慮は不要です。

本番直前の皆さん。
周囲に自分の「気合」を伝える意味で、

「よろしくお願いします!!」

と大きな声を出してください。
最初の第一声が大事ですよ。

皆様のヒントになれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α